アマビエマッチ:

アマビエは伝承、拡散というように「伝える」ことで人々の中に生き残り、繁栄してきた。そこで「伝える」媒体である、広告マッチラベルをテーマにデザインした。マッチはかつて必要不可欠な物であったが、現在使用されることは少ない。私達にとってアマビエも必要ではなくなる未来がくることを望む。



3クラス・疋田真彩(芸術支援領域)


ご意見などお気軽にお寄せください

© 2020  筑波大学芸術専門学群2020年度新入生 【わたしの #アマビエ 表現】